スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
名古屋・栄の本屋さん
暖房をつける時間も減ってきましたね。自分です。
規則正しい生活を心がけていたら、パソコンする時間をどこに入れたらいいか分からず。現在に至る。
しばらくついったしたり、本屋をめぐったりしてました。
名古屋の本屋さんもいろいろですね。
最近行ったことのない本屋さんに出掛けることしばしばで。開拓してました。

しかし3月31日に撤退してしまう本屋さんが、2軒もあったのですよー。残念きわまりない。
撤退したのは栄のあおい書店と、名古屋名鉄百貨店の紀伊国屋。
どちらも大きい本屋でした。く……何故今年……。残念きわまりない!
あおい書店なんか「百年文庫」が専用台にずらっと揃ってた……のに……!
なんてこったです。しょうがないのでフロンティアスピリット。

<栄>はラシック、<旭屋書店>に行って来ました。
なかなかひろーい。ラシックはデザイン関連の展示もしてたりと、名古屋でも新しいことしてて楽しい建物です。
こないだは実物大のらくだが置いてありました。なんだろう、走ってるなぁ。
旭屋書店はおしゃれ文房具の売り場が横にあるので、そっちもわくわくしてしまいます。オサレかつ最先端。文房具見るのは楽しいので好きです。

本スペースでは独自のジャンル分けで作ったコーナーが結構多かったですよ。そういう本屋さんは良いなぁと思う。
アニメ化原作コーナーにはテレビ画面が設置してあったり。「もしドラ」が野球してました。
でかい画面がどーん、としてるのも流石ラシック。オサレラシックです。
愛知県の地域コーナーも広くとってあって、ちゃんと地域密着ねぇ、と興味深かったです。
愛知県民は地元大好きですからね。地域コーナーとしては売り場広めなのは、やっぱりだからかなぁと。
新聞を貼ってある掲示板があったのですが、それもよかった。
本を取り上げた切り抜きを並べて貼って、その下の平台にはその記事に出てる本が置いてあったのです。
メディアを有効利用してますよねー。記事を見るのも面白いし、それを手に取れるのも嬉しいし、楽しい売り場です。
ぜひまた行きたいです。

<名古屋>では近鉄パッセ内、<星野書店>がもごもごしてました。
そんなに狭くもないフロアですが、ところ狭しと本棚も高く。人も少なすぎず。何故か本屋に感じる活気。
どこの本棚も、置いてある本が面白そうなのです。チョイスが良いのだと思う。
ファッション誌は平積みで華やかに。文芸誌は慎ましやかに。と、そんな感じの印象すら受ける。
全体的に品揃えの質が良いのですよね。ぎゅっとしてます。

とりあえず「落語百選」のバックナンバーが揃ってることにテンション上がりました。
珍しい。他の分冊百科もある程度バックナンバーがずらっと並んでましたよ。親切……。
あとマンガコーナーが充実してると、それだけでポイント高いです。
新刊の平積みが面白そうでした。

「先生と僕〜夏目漱石を囲む人々〜」については何回か話してますが、知名度はあまりないと自分だって思ってます。
思ってますのに、作者さんのイラスト色紙が置いてあったのにはホントどうしようかと思いました……!うぉぉ。
星野書店さんへ、だと……!?まず名古屋には色紙が来てると思ってなかったのに。すごいな星野書店。ありがとう星野書店。
さらに奥では「落第忍者乱太郎」のコーナーが用意してありました。ほぼ全巻並んでる。しかも映画原作巻以降は平積みにしてある……。
な、なんでこんなピンポイントでツボを押さえてくるんですか。
他も分かってらっしゃる棚多いです。
ぜひまた来よう。

と、2店しか載せられなかった……。多分に私見です。
若かりし頃の漱石先生と正岡子規はめっちゃ素敵でした。生色紙だと筆致がきれいなの分かりますねー。
ちょうど名古屋の書店でイベントをやってたみたいで、本屋マップ置いてあったのですよー。またうろうろしようと思います。

名古屋も栄も、本屋以外の施設がいろいろあるので、立ち寄れるのが楽しいですよね。
しかし本屋行くときは厚手のトートバック必要だと学びました……。エコバックちぎれそう。
今日も暖かくてよい気候。コートは要らなげです。

+ + + + +
丸善と旭屋書店を勘違いしてたことに気づく……。
修正しました。
(追記11.04.22)
本屋めぐり / comments(0) / trackbacks(0)
買い物日記 立春
こんばんは、自分ですよ。
今日はだらだら話そうかと思いますよ。だらだら注意です。

本屋行ってきました。
だいたい自分は元気出そうと思ったら、好きな喫茶店に行くか本屋行くかですね。ちなみに喫茶店には昨日行ってきた。
本屋でうろうろするの好きなんす……。
買いたい本がいっぱいあって、レジ行くまでに何冊も抱えるような感じになると楽しいですね。
会計して本を自転車のかごに乗せて帰るときには、ほわほわしてますね!
だいぶ脳内になんか出てると思います。

あれ違う、そんなことではなく今日の本屋ですよ。
今月の「ジャンプSQ」が出てました。
表紙『青の祓魔師』ですよー。あーもうアニメまですぐですねー。
後でジャンプコミックスの辺りに行ったら、祓魔のオビが新しくなってました。アニメ放送開始用。
SQにはあと、ポストカードついてました。もうすでに表紙で買う気なのに。
渋い……この祝賀渋い……(笑)みんなかわいいなぁ。
放送は4月10日かららしいです。
うん……アニメが残念な出来だった場合のことも一応考えてみました。
まぁマンガが多少なりとも注目されるなら何でもいいか、というまとめになった。消極的。
でも声優さんとか豪華なので、きっと大丈夫、だと思いますよ。アニメ絵が出てたのはキレイでした……し?

それからマンガコーナー行ったら『ちはやふる』(末次由紀、講談社)の12巻が出てました。
ちはやふる、は出たら買ってます。
なかなか恋バナは進展しないけれど……(笑
ほとんどカルタ部の部活マンガですものね。熱いけれど。カルタ部は熱いけれど。
オビ良かったですオビ。
努力と執念がぶつかる音がする。
って。
いろんな音浮かぶな……。

最近買い始めたのが『ヘルズキッチン』(西村ミツル・天道グミ、講談社)です。今2巻目。
ヘルズキッチンは最近3巻が出たらしくて、新刊の平台で見かけたのが最初です。
表紙の絵が可愛かった。
で、1巻探して買ってみたらこれ、面白かった!
内容は3巻まで読んでからにします。楽しみです。

それで次、文庫コーナーです。
いつも行ってる本屋なので、歩く動きが決まってますね……。完全に買い物用の順路です。

まぁでも今日は文庫コーナーと言っても、メディアワークス文庫が面白そうだなーと思ったので。
文庫の売り場にいるのに、この電撃文庫感。や、文庫で正しいんですけどね!ライトノベル大抵場所違うから。
ライトノベルでもないんですけど……!
「メディアワークス文庫」なので。普通に新潮、講談社文庫の並びに並んでます。
まだ量そんなに置かれてないので、その他の文庫辺りにあるかもですけど。もしくは置いてない、とか(がんばれメディアワークス……!

「電撃小説大賞受賞」だという、『おちゃらけ王』(朽葉屋周太郎)を選んでみました。
もうひとつ受賞作の、空に魚が見えるっていう話の方も面白そうでしたけど。おちゃらけ王の方が馬鹿っぽかったんで。
電撃文庫の方だと「大賞受賞」はかなり信用できるので、こっちでも受賞買いです。
ほんとは時雨沢さんのも気になりましたけれど。絵本のような、『夜が運ばれてくるまでに』(時雨沢恵一)。

まあそこらへんの本をですね、そそくさと買って帰ってきましたんで。
読みながら今日は寝ようかと思います。
書いてみたら結構、オビにつられてるなーとか。
やっぱり本の選び方が行き当たりばったりだなーとか。
分かりましたけど、皆さんとは違うもんですかね……?

すっごいどうでも良いことですが、本屋の袋は紙袋に入れてくれる方が好きです。
ビニールは本の角が帰るまでに潰れてそうで不安。
パン屋の袋も紙袋の方がいいじゃないですか、雰囲気が。
それと一緒で。
もぐもぐ。

本屋めぐり / comments(0) / trackbacks(0)