スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
からだが詩で出来てる
図書館が地味に休みでした……。
というか第三週の金曜日という、地味な休みにぶつかりました……。自分です。
連休終わるまでは図書館行けないので、積読でも読んで過ごそうかと思います(まだある

テレビを見てて頭が痛くなることが無くなったのは良いのですが、今度は胸が痛くなります。
もうすぐ春だというのにな……。
桜の木の幹も、真っ黒になってきましたね。
自分が朝自転車こいで坂を登る途中に、ちょうど桜並木があるのですが。
春先の桜の木は全身で桜色になろうとしているらしく、幹にも桜色がぎゅっと詰まっているので黒い、という話をその度に思い出します。
正確にはうろ覚えで、黒くなるという関連性では無かったのですけど。

国語の教科書だったことは覚えていまして。調べたら
言葉の力」(大岡信、中学校『国語2』、光村図書出版)
が、その話の出てくるエッセイだったよう。
桜色に糸を染めるのには、桜の皮を煮い出したのを使う、という染色家さんの話を聞きます。
桜の花びらから取るのじゃないんだと作者さんも驚いていましたが、おんなじように当時の自分も驚いて、記憶に残っていたようです。

ネットに文章が出てたので読み返してみたのですが、桜について書かれた部分なんて、匂い立つような言葉遣いでした。
大岡信さんは元々詩を書く人なのですね。だからかー。
花びらから樹皮から樹液まで、桜の木がピンクに色づく様子を想像すると、なんだか大きな心持ちがします。
幹の中で吸い上がる水音まで聞こえる気がします。
ちなみにここで読める。
http://www3.ocn.ne.jp/~friendly/power.html

センチメンタルついでに、ツイッターの誰かの話。
+ + + + +
ritz29 (りつ)
家の非常袋を確認したら、父親が40年前に書いたメッセージが残ってた。私も新しい非常袋にメッセージを書こう。見た人が励まされるような。 http://p.twipple.jp/KwUYm
3月15日 0時23分 ついっぷる for iPhoneから
+ + + + +

元気の出るツイートを集めたというサイトさん(「がんがれ日本!」http://bit.ly/fdjOcE)で見かけたやつです。
わー……。
この方の他の呟き見たらまた被災地にいらっしゃる方でわー……。

言葉はツェーザル・フライシュレンの詩の一部。山本有三訳です。
有名らしいので知ってる人は知ってますかね?自分は何となく聞いたことがある程度で。
全文が気になった方は下リンクで読めます。ぜひぜひ。
勢いのある初版本も、日本語が美しい改定版も、口調に背を押されるような感じ。
http://www.hikoboshi.com/eba/inori/inori162Yamamoto.htm

最近明治あたりの文章をちょいちょい読んでるからか、古めかしい言い回し良いなぁ、と思い始めている次第です。
「I love you.」を、「死んでもいい」と訳すセンスは前から大好きです。
でも二葉亭四迷は読んだことがない。すいません、今度探しますか。
単行本 / comments(0) / trackbacks(0)
15分間は100円コーヒー
こんにちはー。やっと日が高くなってきましたねー。自分です。
喫茶店は相変わらず居心地がよいです。
ささくれだった神経が癒される気がします……。
作業するときはするときで、集中できるし。

喫茶店の作業能率については、
『15分あれば喫茶店に入りなさい。』(齋藤孝、幻冬舎)
が面白かったです。立ち読み程度ですが。
この本めくってるときは、喫茶店効果ってそんなにすごいのか?
と疑問だったんですが(まだあまり喫茶店に馴染みがなかった)
なんか少しずつ納得してきました……。

時間や空間をお金で買ってる、というのが、小心者の自分には安心材料になった気がしますよ。
コーヒー一杯分は居てもいいんだー、って。ちょっと気が楽です。
それに、お金を使ってるからこそ集中できるそうで。
このブログの文章も、心なしか早く打てておりますよ。

お金を使うから、っていうのに関連するんですが、自分は本にはお金を使いたいのですよね。できれば。
大学入学ぐらいに生協の本屋さんで読んだ本に、「身銭を切って買った本は身になる」といったことが書いてあったのです。
それがなんだか頭に残ってまして。
まさに身銭だと、すごい感心しちゃって(笑
身銭にも限界があるので、買い物は厳選しないとなぁ、と思いました。
あと、図書館で借りた本も身になるようにと(笑
(その本のタイトルなんですが、どうも記憶の底です……。
(春の大学生協なら置いてあるかも系です。大学生のうちにやること系。

時間やお金の使い方はその人の生き方だと思いますれば。
上手く使いたいもんです。
とりあえず朝は早く起きたいです。

そして喫茶店は良い感じなので、近場でぜひ雰囲気良いところを探してみてくださいな(笑
都会ならきっとあるよー。


単行本 / comments(0) / trackbacks(0)
電車に要るもの
今晩はー。雪が雨になってしまいました。自分です。
雨は、困りますよね。
まずね、紙類の大敵です。そして自転車も乗れません。
雨対策をしようしようと思いつつ放置してるんですが。何か荷物を守る方法ないかなぁ……。

今日は途中から電車移動だったので、ここは読書だろ!と思って「文庫本雑学ノート」(岡崎武志、ダイヤモンド社)持っていきました。
乗り物で読書は乗り物酔いするので避けてたんですが……今日は、平気だったな。何ででしょう?
集中してれば問題ないのかもしれないですね。何回か「Σっ!ここ何駅?」ってなりますけど。

電車で読むにはカバーが欲しいなぁと思いまして。
しかし前にもカバーいるなとは思ったんですが、ホント「何でもいいから」って感覚なんですよね。
ほんとは無くてもよいんです。でもちらちら周りが気になると、読むのに邪魔なんです。
かけたいのは図書館の本なんで大きさもバラバラだし、きちっと作ってもすぐ外さないといけないし……。
と、全然用意してなかった自分でした。

で、もう朝ばたばたしながら、あ!今日カバーいる!と気づいた自分です。
急いでたので。
手近にあった新聞状の通販パンフレットを巻いてみました。



あれ、意外とよくね?

要らない紙ってあたりがすごい便利です。
これはいわゆる再利用ですね!
なんだかシャレて見えないこともない。

よく考えたら英字新聞とかそれだけでおしゃれデザインしてるわけだから、似たようなもんだよなぁと。日本語ですけど。
むしろ普通の新聞でもいいかもしれない。
……いややっぱどうかな。
電車のなかで、新聞読んでるんだか、本読んでるんだか、ちょっと面白い絵になってしまわないか……(笑

とりあえずちらちらが大分減って、読み良かったです。これはいいな。

内容はもう専門的に文庫の話でした。
分かったり分かんなかったり。
資料的にはすごく良さそう。レポート書く前に読みたかったです……!

今日はチョコレートも食べたし色々楽しかったです。ではでは。
単行本 / comments(0) / trackbacks(0)
動画効果
あれ、もう明日月曜か。早かったなぁ。
今晩は、自分です。大河ドラマ真っ最中です。でした。
見たり見なかったりバラバラなんで、明智光秀がいま大変なんだろうな、ってことしかわかりません。が、がんばれ光秀さん。

ところで、戦国BASARAの認知度ってどれくらいなんでしょうね?
BASARA面白いですよーBASARA。大河とは色々違うので並べるのもどうかと思いますが。
自分は2は在宅してますが、3はゲームのプレイ動画を見てニコニコする毎日です。
おかげでニコ動に参加する楽しさが分かってきた。きてしまった。
持ってもないのにストーリーを一緒にプレイしてるような感じです。楽しい。
しかし盛大にネタバレしているのに、買って自分でやりたいなぁと思えるのが不思議です。
まぁでもそうだよね、友達がやってるゲームって、やりたくなりますものね。

結果、持ってもないのに、「戦国BASARA3台本全集」買ってしまいました。
あい。
スタイリッシュアクションゲーム「戦国BASARA3」の、全キャラクター全台詞が載っているという代物です。

そりゃ辞書並みの暑さにもなるってもんです。
ウェブでしか見たことなかったので、店頭で発見したときえらい厚くてびっくりしました(しかしゲームの攻略本って最近こんなもんだ。
久々にこんな高い本買ってしまった……。前回はポケモン図鑑だった気がします(攻略本め……!

ゲームの台本全集が出るって珍しいですよね。どんだけ人気なんでしょう。
ちゃんと買う人がいる、という。いや、買っといて言えた義理じゃないですが。
ストーリーにどハマりした人は買うだろな。機微が分かりますもの。
台本なので台詞の指示が載ってるのがいいな、と思います。
あ、だからよく映画のプレゼントとかで、サイン入り台本あるんでしょうね。
確かに大好きなやつだったら欲しいです。もっと知りたくなる感じ。
あとは声優さん好きな方とか?

自分は、ちょっと尚早だったか、も。店頭にあった驚きの勢いと言えなくもな、なんでもないです。

容量あるので、ちまちま読んでいこうと思います。紙は、紙は薄いんですけど。
単行本 / comments(0) / trackbacks(0)
もっと面白い読書
あーお茶うまい。
どうも、僕です。
図書館から借りてる本を読まないとなー、と思ってるうちに、返済期限が明日になってしまいました。

『恥ずかしい読書』(永江朗、ポプラ社)
という本を読み終わったところです。意外と厚い。
でも章が細かいのと永江さんの語り口がぽんぽんと小気味良いので、すごく気軽に読みたくなる感じです。
なんか適当にながら読みしたい、というかそんなに気負わせない、というか。
厚いけどずっと面白かった。すごいなぁ。

恥ずかしい読書、って何?
と、もうタイトルから気になってしまって。
永江さんはタイトルに「100億円稼ぐ読書術」はどうか、と提案されたそうなんですが、いやこれは……(笑)完全に恥ずかしい読書の本です。
なんだろ、こっちが見てて恥ずかしくなるくらい恋人のこと大好きなのに、いや俺は普通でしょ、って言われた時のような。
読書大好きなんだなぁ。
そんな永江さんの行動や反応が面白いのかも。

本を逆さに読んでみたり、サングラスをかけて本を読んだり。
ここだけ抜くと相当変ですね。り、理由はあるんだよ?
とりあえずサングラスは目にいい読書を模索した結果だそうです。
本逆さまは、もっと読書を楽しむため。絵本とか地図とかね。
今までと違うものが見えて面白いそう。
自分はそうした永江さんの模索も面白いなぁ、と思わずにいられません。思いもよらないことするなぁと。そんな楽しみ方ありましたかと。
すごく共感する部分もあるのですけどね。本好きとして。

なのでライトからヘビーまで、本好きさんなら楽しめるんじゃないかなと思うわけです。
読書を休んでる友達にも読ませたいなぁ。
本読みを勧めたいからまずコレ、でもいいかもしんない。

読書時間をつくるコツで一番簡単そうだったのが、テレビを消すこと。
あとはあちこちに本を置いておくこと。
どうだろうか?ぜひぜひ。


そういえば装丁は、鈴木成一デザイン堂さん。
あぁ、確かに……なんかかわいいし良いな、と観察。
表にも裏にも背表紙にも、本を読む永江さんイラスト。四六時中、本読んでるイメージですね(笑
ちょうど鈴木成一さんの装丁の仕事の本、見かけてたのでタイムリーでした。
折角なんでまたアマゾンリンク貼っときますー。

あ、そうだ図書館の本……まだ一冊残ってるんだった。まぁ一冊ならいけるか。

+  +  +  +  +
本棚を表示できるようにしたので、→からも見られるようになりました。
でも一応貼る。こちら。
(追記11.2.8)
単行本 / comments(0) / trackbacks(0)
街読書はすてき
こんな辺境のブログでも来てくださった方、いるみたいで。
たまたま来られた方も間違って押しちゃった方も、どうも、僕です。こんにちは。

自分は断然、緑茶派です。
お茶、お茶の話ですよ?ぐりーんてぃーが好きです。
一日のほとんどの水分を緑茶から摂ってまして。(普通そう?
お茶っ葉が切れたら紅茶ティーパックが出陣します。
なんもかんも面倒くさいときにはインスタントコーヒー淹れます。超簡単なんで。

という緑茶>紅茶>コーヒー、の自分だったのです、が。
2011年にしてコーヒーのおいしさに目覚めました。
喫茶店の仕業です。
いや、たまたま入った喫茶店がうまいわ雰囲気いいわ居心地いいわでして。
メロメロにされてしまった次第ですよこれ。

素敵な喫茶店とか貴重ですよね。
まず本が読める。これ大事。
本なんて外で読もうと思ったら、人が多すぎても少なすぎても集中できなくて嫌です。
背後も気になるし視線気になるしで自意識が……!自重できない……!
ちょうど良い空気が漂ってると落ち着きます。
いい感じのBGMとか。綺麗な調度品とかあれば眺めてもいい。

そして横に、美味しいものがあればもうさいこーです。
コーヒーうまい。
多分苦味とか酸味とかあるんだろうけどとりあえず知らん。コーヒーうまい。(通の人すいません
正直座ってるだけでもいい。

という。
クオリティーたけえ喫茶店です。
そんなこんなで通いつめてたんですが、そこのコーヒー屋さん。
昨日立ち読んだ本に載ってました。ふおおお。

「名古屋の喫茶店」(大竹敏之、リベラル社)
という本でした。あ、このブログ名古屋からお届けしてます。地味に。
名古屋にいれば知ってる店は当然網羅してました。コメダ珈琲店とかマウンテンとか……。
うちのコーヒー屋さん、有名なとこだったんだなぁと驚きです。
(そして朝はパン付いてくるとかそんな情報……知らんかったぞ!ありがとう!)
装丁も名古屋っぽさと上質感とをかねそろえてて好きです。アマゾンリンクあとで貼っときますね。

地元では考えられないな、とかそんな地域差も感じつつ。
このクオリティーの喫茶店が他にも載ってるってことか?と思うとちょっとわくわくしますね。いいな。
いやでもそこの店、帰り道にあるんでラッキーでした。
きっと都市ならそんな地域の喫茶店本、たくさん出てると思いますので。
探検するのも楽しいのでは?とおすすめしてみる次第です。

立春の今日は暖かい日ですね。

+  +  +  +  +
これ。
上質かn……というかなんというか、やっぱ名古屋っぽいな。
(追記11.2.4)

+  +  +  +  +
あれ、あの上質感はなんだったんだ?と思って本屋で確認したら、オビが結構大きくついてました。
白くてざらっとした厚めの紙。
そういうことか。と一人納得。これは……実物見てもらうしかないのか……。
(追記11.2.7)
単行本 / comments(0) / trackbacks(0)