スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
夏のおいしいごはん探し
こんばんは、暑さきびしい折ですがいかがお過ごしですか?
自分は少し食欲が減ったり、夜に暑苦しさでぬあー!起きたりしながら今年も夏を生きてます。

今月の『きょうの料理 ビギナーズ』(NHK出版)は、新・麺特集なのですね。
素麺が表紙ですが新・麺。
うどんやそば、皿うどんなんかまで、麺類レシピの8月号です。

やっぱり皆食欲が落ちてるんだ……!夏だものね……!
自分もすっかり献立が麺ものばかりなので、具だくさん素麺うどんを和えるだけ!みたいなレシピがとても嬉しいです。
メニューのバリエーションが豊かなのに、基本を押さえられるのがビギナーズのよいとこですね……。簡単おいしそうー。
特集ふたつめが手作りアイスなのも心惹かれますよ。

料理雑誌は月に合わせておいしいものを教えてくれるので素敵ですね……!
マスター料理本のような用途別の本も楽しいですが、月刊の四季折々感も追っかけたくなってしまいます。
旬の食べ物がやっぱり美味しいし、栄養があるし、食べたいなぁって気持ちがむくむくしますもの。

そして今おいしいもの!を食べるのが、一番季節を満喫している気がするなぁと思うわけですがどうでしょう……?
トマトを和えたうどんレシピ、おいしそうだったなぁ……。
いよいよ夏本番の8月ですがみなさま体調には気をつけて、よい夏にしてくださいね。

+ + + + +
雑誌 / comments(0) / trackbacks(0)
あたらしい朝がきた
今日はジャンプの無い週ですね。どうも、自分です。

四月の第一週ということで、色んなテレビ番組が新しくなってますねー。
帯番組とかNHKとか。
「おかあさんといっしょ」のキャラクターも一新してました。
マンチカンの猫と、牛模様の羊と、ラーテル(イタチ科)の三人。人?
まずラーテルて何。
NHK思い切るなぁ。
マンチカンもほんとに人気なんですね。いいともで人気猫ランキング2位だっただけのことはあります。

NHKと言えばテキスト系の本が多いですが、
「きょうの料理ビギナーズ」(NHK出版)は出たら毎回気になります。
ゆるーい雰囲気で良いですよね。
あと表紙の写真もいつもいいなぁと思います。
毎月テーマごとに特集が組まれてますが、キャベツならキャベツを、色んな方向から教えてくれるのが助かります。
もやしの時は、「おいしいもやしの茹で方」が為になりました。
メインおかず、節約おかず、などともやしの料理法を一周教えてくれる感じで。
料理に不馴れな時分だったので、よく使ってました。もやしは安いしね。

保存法などレシピ以外も結構載ってます。
もやし新聞とかマンガの記事、とか、イラスト。くだけてる(笑
このNHKくだけてます。
雑誌のように多彩なので、読んでて楽しかった。
ビギナーズですからね!初心者にやさしい作りで。良いと思います。

ひとり暮らしを始めたりすると、料理がまず困りますもんね。
自分が作ってみて、これおいしい!と思ったのは、
「はらぺこレシピ――簡単、手間なし、手早く作れる!」(オレンジページ)
です。
レシピ通りに作ったらちゃんとおいしくなる……!と。
その前に買ったのはいまいちだったので、好みがあるんだと思います。

これは調理が簡単なものばかりというのもあって、重宝してます。
大体2種ぐらいのメイン食材と、フライパンひとつで出来る。
今後使うこと無いよなぁ……という調味料も少ないですし。ナンプラーとかね。使わない……。
ひとり分だと使いきれなかったりするので困ります。
これは酢以外のさしせそと、みりん、料理酒があればだいたい出来る。すごい。

レシピ通りにやってると、そのうちお酒入れるタイミングとか入れる順番とか、何となく分かってきます。
入れるものが少ないので、味噌多かったなぁとかも分かってきます。
そうなると、ちょっと楽しいですよねー。
ぜひ一冊でも持ってると良いと思いますよ。レシピ本。
こう、一冊を使いきる気持ちで……!

ちなみに「はらぺこレシピ」は2と3。
「野菜あいうえお」「にく、にく、さかな」もありますよ。どっちも便利。
食材で探せるってのは使いやすいです。
野菜は各種、肉はももとか薄切りとかから検索できますよー。

春は良い季節ですね。がんばりませう!

+ + + + +
雑誌 / comments(0) / trackbacks(0)
職業コント師。
とりあえず落ち着こう……。
こんばんは、自分です。
何かもうそわそわしてしまうので良くないですね!
録画してたバラエティを流してると、少し気が休まります。
休憩みたいな。

昨日からの地震のニュースでふっとびましたが、さまぁ〜ず大竹さんがご結婚されたそうなのですよ!
インターネットニュースで知りました。
ちょうど昨日の昼前の発表だったみたいです。なんてタイミングだそれ……(笑
しかしさまぁ〜ずは二人とも大好きなので、なんとも複雑な気持ちです。とうとうなー。

『クイックジャパン』(太田出版)のNo.80でも特集されていたのを見かけましたが、「モヤモヤさまぁ〜ず2」ってのは不思議な番組ですね。
何にもない街を、さまぁ〜ず二人と大江アナが歩く、という。
何にもないのに何でこんな面白いですかね?
好きだなー。
目的もなく散歩しても、何かしら巻き起こる気がしてきます。楽しそう。

実際はスタッフが事前に、ある程度道順を確かめてるそうですよ。記事によると。
番組なんだからそりゃそうですね。
どこまでスタッフの予想の範囲内なのかな、と思ってみてみるのも割と楽しいです。歩く3人は詳しく知らされてないみたいですし。
特にさまぁ〜ずの二人が自由なので、色々予想外なことしてんだろなーと。

クイックジャパンという雑誌はけっこう得体のしれない雰囲気がありますけど、そういう裏方の裏側まで取り扱ってくれるのが良いですね。
インタビューもテレビ雑誌なんかより多くページ取ってくれるので、本人好きなら買って損ない量ですし。
この前『バクマン。』の特集ありましたが、やっぱり大場つぐみ・小畑健さんのロングインタビューなんて、他であまりやってなくて貴重だなぁと思います。
互いに思うところを言い合ってて、この号もよかったなー。
インタビューが交差してる感じでした。

それで、ちょいちょいさまぁ〜ずの特集があるので嬉しいです。
俺たちのさまぁ〜ず。みたいなとこがちょっとあります(笑
No.85では、さまぁ〜ずのコント師の一面が垣間見えて意外でした。
意外……?というか、テレビじゃそんなの語ることないですもんね。
切り口が違うと深く熱く語ってくれるもんで、ほんとインタビュアーいい仕事する。
言っときますがさまぁ〜ずのコントライブは、即日完売御礼になるくらい好評価、ですよ。バカルディでもよいのでDVD見かけたらぜひ一度……!
というかもう二人で喋ってるのが一番面白いです。

そんなさまぁ〜ずの二人も結婚……ですよ。
大竹さんの結婚について、三村さんが何て言ってくれるかが当面楽しみです。
すでに毎日新聞デジタルの記事に、
「ちなみにお相手と僕の誕生日は一緒なんですけどね。あいつ6月8日生まれの人好きなんですね」
とコメントが載ってたのが大変ツボりました。どんな口調で言ってのけたのかが気になります。大変気になります。

あ、そんなこと話してたら気分軽くなってきましたよ。大事大事。
楽しみなことならいっぱいあります。

+ + + + +
堀北 真希,さまぁ~ず,中田 ヤスタカ,萩原 健一,宇川 直宏,伊坂 幸太郎,花沢 健吾,水道橋博士,宮崎 哲弥,バナナマン,おぎやはぎ,真木 よう子,清水 ミチコ,ジャルジャル,爆笑問題,伊集院 光
太田出版
¥ 945
(2008-10-14)

さまぁ?ず,向井 秀徳,吉田 戦車,楳図 かずお,浅野 いにお,千原兄弟,田口 トモロヲ,みうら じゅん,リリー・フランキー
太田出版
¥ 945
(2009-08-11)

大場つぐみ,小畑 健,水谷豊,吉田豪,高須光聖,松嶋尚美,町山智浩,なばたとしたか,板尾創路,石川直樹,蒼井そら,麻美ゆま,土田世紀,バカリズム,倉本美津留,オードリー,山田孝之,CUNE,劇団ひとり,内村光良
太田出版
¥ 945
(2010-10-09)

雑誌 / comments(0) / trackbacks(0)
話題は流れますが
こんばんは、自分です。
正直ジャンプを早売りしてるコンビニより、土曜日でもまだ置いてあるコンビニの方が嬉しいですよ……!困ったときのコンビニ。
立ち読み止めを付けといてくれると、なお助かります。
売れ残ってるとかそう言うことはおいといて!

というわけで、今週の少年ジャンプをギリギリゲットしてきました。あー危ない。

「ONE PIECE STRONG WORDS (ワンピース ストロング・ワーズ)」(集英社新書)
という本が出るそうですよ。
一瞬、映画のストロングワールド本かと思いましたが関係ありませんでした。
ワンピースの台詞を、カットや解説で紹介してあるそう。どうなんだろうか。

ひとつだけしか話に上げられないならどの作品かな、とちょっと考えてみたんですが。
やっぱり「バクマン。」が面白いなぁと思います。話題になってもならなくても続き気になるなぁ。
先日のキャラ人気投票での躍進を受けてか、平丸さん出番が増えましたね!
今週の平丸一也も大変可笑しくて良いです。
最新12巻も平丸さんが表紙なんですねー。ちゃんと反映されてるんだなー。

平丸さんの話をしてたら思い出したんですが、こないだバスに乗ってたら男子中学生2人が、バクマンについて話してまして。
ちょ、もろジャンプ読者世代じゃないか……!
と大変興味深かったので!何事もないかのような顔でこっそり聞いてたんですが、(すごい楽しい)
「平丸面白いから好き」という意 見 が。おお……。
吉田氏〜!が可笑しいらしいです。男子中学生おお……。
バクマンは女性人気が多いと聞いてましたが、そうだよね、ど真ん中世代も楽しいよね……!と心中嬉しかった。
その後も何巻まで読んだとか、まだあの人出てない巻かーとか話してたなー。すごいほのぼのしてしまった。
なんか会話が可愛かったんですが、そう聞こえるのってもしや歳か……?

そう言えばちょうどアニメも土曜日なんですね。ちらっと見かけました。
大分話が付け加えられたり台詞変えられたり、頑張ってるなぁ、と思う。
アニメはアニメで頑張ってますよ……。
踊ったり……。踊ってました。
でも久しぶりに声優さんとキャラのイメージに違和感を感じた自分です。
やっぱりエンディングはかっこ良かったですけど。新しいやつだ。

あー月曜日が近いなー。来週も楽しみです。
雑誌 / comments(0) / trackbacks(0)
ディアゴスティーニの入手法
どうも、自分です。
リブロ行ったときに「落語百選 DVDコレクション」(ディアゴスティーニ)のバックナンバーを見つけまして。
噺家さんで買ったらやっぱり当たりだったので、繰り返し見てます。
いいわぁ落語。
落語熱が再熱してきました。

落語が好きだと言うと、たいてい渋いと言われます。
いや、でもあまり人に落語好きだと言うことがそもそもないな……。
落語を趣味だと公言するほど詳しくはないのですが、好きです。

「落語百選」は2、3年前に出てたんですが、一巻目がすごい面白かったんですよね。
まぁディアゴスティーニは定期講読をしてほしいシリーズなので、一巻目は気合い入ってるんだと思います。
映像で落語を見たかったので、これはお手軽で良いなぁと。
DVDといっても何買っていいか分かんないし、NHKの放送はいつやってるのか分かんないし。といったところで。

その後3巻ぐらいで追いかけるのはやめてしまったのですが、たまに本屋さんで置いてないかは探してたんですよー。
ほとんど置いてなかったですけど……!
ほとんど置いてなかったな……。
初回以降は定期講読してもらってるんだろうな……。よっぽどじゃないと一巻以外って平台にも並びませんもんね。
雑誌と変わらないので、買い逃すと手にいれるのも厄介ですよ。
テレビ番組ほど見逃したからといって二度と見れなくなることもないですけど、雑誌は雑誌で出会いを逃すと二度と会えない気持ちです。

しかし再熱でちょっと気合いを入れて(検索に動力がいるので)バックナンバー探してみたんですが、本屋で頼むかディアゴスティーニのHPなら買えそうでした。
まだ在庫あった。
あ、読みたい本リストの雑誌も早くどうにかした方がよいですね。そうですよね……。

ちょっとグダグダと続く。
続きを読む >>
雑誌 / comments(0) / trackbacks(0)
少数派が多数
どうも自分です。東京ばな奈ウマイです。

東京でも本屋を巡ってきたのですが、頭パーンなって帰ってきました。
ちょっと情報量が多すぎて許容量オーバーです……。はわわ……。
まとまらないので、ちまちま関連するときにでも出てくると思います。

いや、池袋を一日で回ろうと思ったのがいけないんだと思う。
ヴィレッジヴァンガードとリブロとジュンク堂だけ行けました。それぞれ巨大過ぎる件。
なのに一日でとか本当ナメてましたね!しぬかと思った。いやほんとに……。
一応他も行く気だったんですが、もうその辺りでインプットが限界だったので断念してきました。
でもあと一日ぐらいは別日で行きたかったなぁ。また今度ですね。

あんなに本が出てるのに、出版業界先細ってるなんて不思議な気分です。
嘘だろー、みたいな。
あれ、自分が田舎者過ぎますかね……?
いやでも、でかかったよ本屋が。確かにでかいとこばかり行ったけど。
いやでも、あんなでかいところがぽんぽん徒歩圏内にあるなんて思わないじゃないですか。
うん。やっぱ田舎者の言でしたすいません……。

やー見たことない雑誌も本もずらずら並んでまして。すごい楽しかったです。
初めて見かける雑誌とか、本でしか見たことない本とかを手に取れるのが良かったなぁ。いいなぁ。
平台が広いのとかそれだけでテンション上がりますよー。
完全にアドレナリンの出すぎで消耗してるなこれ。本は一冊しか買わなかったんで重さじゃないはず(←買ってる)
よく考えたら7時間は歩いてたからな……道理で体の変なとこ痛いと思った。

この辺の本屋じゃ見かけないな、とか自分が気になったのを、とりあえず雑誌だけ箇条書きしてみました。続きから。

ロングセラーズ/グラフィティマガジンズ
¥ 480
(2010-10-25)

ロッキング・オン
¥ 790
(2011-02-19)

続きを読む >>
雑誌 / comments(0) / trackbacks(0)
お宝探しに近い
こんばんはー。自分です。自分ですって挨拶としてど……まあいいか、自分です。

返してきましたー図書館の本。
結局最後の一冊は今日ギリギリ読んだ感じです。よかったー読めて。
レンタルビデオとかに比べたら、別にお金かかるわけじゃないからいいんですけどね。
でもモヤモヤするのが気になるんでよかったー。

ついでに本屋さん寄ってきました。
もはやONE PIECEの雑誌追いかけることが使命感のようになってきています。
見つけてやんぜ!的な。オレやってやんよ!
でもLEE(リー)だけどこか分かんなかったな……。なに雑誌ですっけ、LEEって……。

他はmarisol(マリソル)のONE PIECEトートバック、いいなぁと眺めはしたんですが。
抽選プレゼントなんで、ちょっと……諦めました。
博打で買うにはmarisolは読まないし(笑
すごく大人の女性向けの雰囲気がします。壮年ぐらいでしょうか?

まぁ雑誌はジャンプと。あとマンガと文庫を一冊ずつ。
図書館でもまた本借りてきて、ここでも買ったのでなんていうか……にやにや。
読む本いっぱいあるなーと。にやにや。
ちょっと本いっぱいあると嬉しいです。わーどれから読もう、ってなります。

あ、そうです、ブクログに登録してきました。本いっぱいで思い出した。
右にある本棚です。右斜め上?
これだとパッと表紙が見えるんでいいかなーと思いまして。小さいですけど。
あとweb上の自分の本棚みたいになるんで、どんなんか見てやろうって方は押してってもらえれば色々。

はー。
本棚欲しいな……。リアルに。
とりあえず掃除しよう。明日は友達が来るので楽しみです。
ではでは。
雑誌 / comments(0) / trackbacks(0)
時流にお乗りの際には
今月の「ダ・ヴィンチ」、なんか気合い入ってる気がする!
どうも、僕です。こんばんは。
よくないなぁと思いつつ、語感が良いのでついこの挨拶使ってしまいます。銭金の有田哲平リスペクトなだけだと思われる。

というかダ・ヴィンチ、丁度3月号の発売日だったのですね。
パラ見したら企画にクリーンヒットされました。
あんまり雑誌は買わないようにしてるんですがついつい。

今月のダ・ヴィンチ↓
<特集1> 5分で人生に効く本×じっくり心に効く本
<特集2> いま注目の少女マンガはコレだ!!少女マンガがとまらない
<特集3> 本とデザインの"密"な関係

やー。少女マンガー。ちょうど何が面白いのか知りたかったのです。
あんまり詳しくないので、絵柄で判断するのも心もとないし。と思っていた。
でも選書が「少女マンガ」というか、「女性向けマンガ」っぽい気もします。
「少女マンガ」と「女性向け」は一緒でもうオッケーなんですかね……?よくわからんが。
言葉としては「女性向け」の方が大まかなくくりなのに不思議です。

あと百人書評が『バクマン。』だったのもおっとぉ!ってなりました。
みんな……「マンガ」がゲシュタルト崩壊する(笑
本来買う参考にするような百人感想っぽいけど、好きなの取り上げられるのもいいですね。

やー。あとあと、水樹奈々とか青少年健全育成条例とか、電子書籍じゃできないことグランプリとか。
いつもより多種多様度が増してる……と思うんですが自分だけかな?
当社比で読みごたえありました、ってことで。満足です。


そうそう、「マギーさんの読書占い」ってコーナーがあるんですが。
自分の今月の読書キーワード、
「巨匠。巨匠自身が書いた書物や、巨匠をテーマにした書物に接したい時」
そ れ っ て。
夏目漱石先生のことか……!?
と、めっちゃびっくりしました(笑
えええ、当たってる、みたいな。
でもよく考えたら巨匠って言葉も幅広いよね、と気づいてちょっと安心。
はー。
雑誌 / comments(0) / trackbacks(0)
麦わらの集英社
ONE PIECEの集英社ジャックは熱い、と思うのだが、賛同してくれる人が周りにいません。
いやリアルのマンガ友達少ないせいかもしれん……。
全雑誌買うほどお金の余裕はないんですが、発売日に表紙見に行く、という非常に自己満な追っかけはしてます。

ホントに2月の集英社から出る全雑誌を、ONE PIECEがのっとってるのか……気になりませんか?自分はなります。
というか、どうやって全雑誌の表紙に登場させたのか、ってのがちょっと面白そうじゃないですか!
で、スタンプラリーのように本屋にいっては探してます。
折角なんで。と言いつつ楽しんでますね。これは大分ひとり楽しんでますね。

今んとこ、ドコ?ってなったのはeclat(エクラ)でした。
まず何雑誌なのかうろ覚えで、売り場を探してうろうろ。
見つけたらあれ?なくね?と表紙のワンピ探してうろうろ。あ、あった。
という。これは大分ひとり楽しんでますね!
いやもう横の人にばれる訳じゃないんで気にしませんよ自分は!

エクラは母世代の雑誌でして、よく話つけれたなーと感心する次第です。
娘と一緒に、とかプレゼントの文面が母仕様。
これ全雑誌ってことは全世代・全ターゲット制覇するってことか。
こういうこと出来るワンピもワンピですごいぜ……。さすが2億冊。
いかん、ニヤニヤしたらばれますね。気を付けます。

見といてまだ買ったのは最初のジャンプくらいなんですが、面白いのあったら報告しますねー。
雑誌 / comments(0) / trackbacks(0)